トリニティーライン 動物実験

トリニティーラインは日本で人気が高い機能性基礎化粧品です。

美容成分は、肌に浸透させて角層の深い部分まで届けることが重要になります。

肌には水分の蒸発を防ぎ外部の刺激から肌を守るバリア機能があります。

バリア機能は肌を保護する重要な役割を担っていますが、化粧品の浸透を妨げます。

 

トリニティーラインの製薬技術

美容成分を浸透しやすくしないと十分な効果を発揮することができないため、トリニティーラインは製薬技術であるドラッグデリバリーシステムを応用しています。

ドラッグデリバリーシステムを応用したナノカプセルを使うことで、美容成分がスムーズに浸透します。

角層のわずかな隙間を通るナノカプセルに美容成分を閉じ込めているので、乾燥しがちな肌もしっかりと保湿できます。

目的に合わせた様々なナノカプセルを開発し、働きが違うカプセルを組み合わせて必要な成分を効率よく届けています。

ナノというのは10億分の1で、ナノレベルの製品づくりはナノテクノロジーと呼ばれます。

洗顔料以外の製品にナノテクノロジーが応用され、角層のすみずみまで美容成分が届くように設計されています。

 

トリニティーラインのメリット

トリニティーラインには様々なメリットがあります。

成分浸透技術を研究して、厳選した成分と組み合わせることで効果を実感できる高品質の製品が実現しています。

品質が高くても刺激が強いと毎日のスキンケアには使えません。

肌に対する優しさを考えて美容成分を選び全部の製品が無香料、無着色です。

エタノールやパラベンも不使用でパッチテストも済ませた魅力的な製品となっています。

スキンケア商品は毎日使うことで効果を発揮できます。

無駄なコストを徹底的にカットすることで毎日使い続けられる価格を維持しています。

日本では化粧品メーカーの動物実験について心配する人もいます。

トリニティーラインが動物実験をしているという記述はありません。

EUでは化粧品のための動物実験が完全に禁止されていますが、日本でも大手の化粧品会社が次々と動物実験を廃止しています。